注文住宅と分譲住宅はどのように違うのでしょうか?

一戸建て住宅を購入するとき注文住宅と分譲住宅の選択があります。この2つはどのように違うのでしょうか。その2つの仕組から説明します。またそれぞれのメリットとデメリットも説明します。

注文住宅と分譲住宅の違い

代替テキスト

注文住宅と注文住宅の違いをご存知でしょうか。どちらも一戸建て住宅なのですが、その違いは、一から住宅を建てるか、既に完成している住宅を購入するかです。

注文住宅は、購入者が自分の希望する場所に土地を購入し、メーカーに依頼してそこに自分の好きな住宅を一から注文して建てます。設計の段階からデザインや間取りや設備、内装、外装を自分で決めるので、デザイン性と自由度が高く、家族構成や自分の好みに応じてオーダーできます。分譲住宅と比較して住宅価格は高くなることが多いです。

分譲住宅は、建売住宅ともいい、不動産会社が仕入れた土地に新築住宅を建設して、土地と住宅をセットで販売します。すでに家は完成していて設備内容がすべて整っているので、販売価格が決まっています。そのため、購入を決定すれば比較的短期間で暮らし始めることができます。

分譲住宅は広いまとまった土地を複数の区画に分けて、同様の仕様の住宅を建てることが多く、数棟程度の小規模の分譲住宅地から百棟を超える規模の大規模分譲地まであります。同じ広さや仕様の家を建てたとすると、建売住宅は資材をまとめて購入したり、工事を効率的に進められたりするため、注文住宅よりも割安になります。しかし、設計の自由度がなく、完成物件は建築の途中の過程を見られないことがデメリットです。

分譲住宅のメリットとデメリット

代替テキスト

分譲住宅のメリットとデメリットを詳しく見ていきましょう。

メリット
・土地と家を一緒に購入できる
・注文住宅よりも比較的安い
・購入してから住み始めるまでの期間が短い
・すでに完成しているので、そこでの生活をイメージしやすい

デメリット
・デザインの自由度が低い
・間取りがすでに決まっている
・細かいこだわりを反映できない
・建設中の様子を確認できない

分譲住宅のメリットは、資金に関することが簡潔明瞭であることです。
土地と家を一緒に購入できるため手間がかからず、注文住宅と比較して手頃な値段で購入することができます。分譲住宅は、設備や建材を大量購入し、複数棟を同時に建設するため、コストを抑えることができるからです。また、住宅が完成しているため、住宅価格が明確になっており、資金計画を具体的に立てることが可能です。

また、分譲住宅は注文住宅と比較して、購入から入居まで時間がかかりません。

また、住み始めたあとの生活のイメージが明瞭になります。
購入前に住宅を見学して実際に生活する様子をイメージしやすいですので、生活のイメージがしやすく購入してから起こりうるリスクは抑えられるでしょう。また、規模は様々ですが近隣も含めて開発をしているので、周囲の住環境も分かりますし、近隣の住民は購入者と同じような年齢や所得である可能性が高いため、どのような人が隣人になるかのイメージもつきやすいです。近隣の住人と入居時期が重なる場合が多く、引っ越しに気を使う必要もなく、一から人間関係を作ることができます。

その反面、すでに住宅として完成しているため、間取りやデザインを自由に変更することはできません。自分の住まいにこだわりを反映させたい方にとっては不満を感じるところでしょう。それに、分譲住宅は同じ地区に一斉に同じ建材が使用された同じような住宅が並んでいます。そのため、自分の家は他人の家と同じようなものになり、個性を出したい方にはデメリットになるでしょう。

また、建設中の様子を見学できないため、どのような工程でどのような人によって家がつくられたかを確認できないこともデメリットです。

注文住宅のメリットとデメリット

代替テキスト

メリット
・デザイン性が高く、好きな間取りや素材にできる
・予算を自分で設定できる
・工事中の様子から確認できる
・施工会社を選ぶことができる

デメリット
・土地と住宅の契約で手続きが複雑になる
・購入から実際に住めるまでに時間がかかる
・分譲住宅よりも費用がかかる
・完成をイメージしにくく設計の段階から細かい打ち合わせが多くなる

建売住宅は、誰でも使いやすいような比較的無難な設計の物件が多くなっていますが、注文住宅は自分の好みに合わせて自由に設計ができるので、自由度が高く自分たち家族の生活スタイルに合った、理想の間取りや外観の家をつくることができます。

自由に設計できるということは、こだわりの強い部分には予算をかけてグレードをあげ、特にこだわりのない部分に関してはグレードを下げて安く抑えると言ったように予算の調整ができることも注文住宅のメリットです。

また、建設工程や内部構造を自ら確認できますし、気になったことがあればその場で質問することが可能です。何十年も住む家ですので手抜き工事などは嫌なものですし、いつ見こられるかわからないというのは施工業者からすればプレッシャーになります。注文住宅は分譲住宅に比べて欠陥住宅が少ないと言われます。

そういった手抜き工事の恐れや評判と言ったことを含め、評判の良い会社を選ぶことができるのも注文住宅のメリットです。評判の悪い会社も良い会社もあり、ネットなどにはそういった情報が溢れていると思います。でも実際に家を建てるとなるとおそらく同じ経験をした友人のお宅を訪問するなども多いと思いますが、そこでその会社は良かったという評判を聞けば、これほど確実な評価はありません。

しかし、デメリットとして、土地をお持ちでない場合は土地を自分で探す必要があるため、手間がかかります。なかなか気に入った土地が見つからないでいつまでも土地探しをするということよくあります。また、着工する前に、地盤調査と場合によっては地盤改良が必要になりますし、図面や資料を行政機関に提出し建築確認申請をする必要があることや、土地と建物で別々の相手と契約するなど、土地も建物も申請や契約が複雑です。

そういった土地探しから契約、そして施工に内装と、住宅を購入しても住宅の完成までは手間がかかるだけはなく時間もかかります。住む場所がなければ生活はできませんが、すぐに住みはじめるというわけに行きません。仕事が忙しくてこういった時間が取れない人も多いでしょう。

さらに、建売住宅に比べ注文住宅の方が、一般的に多くの費用が掛かります。建売住宅では、規格にあった材料を大量に購入して何棟も建てるのでコストを抑えることができますし、すでに存在しているものなのである意味で「あきらめ」がつくのですが、注文住宅は自由にすべての理想を反映させようとする傾向があるため、あれもこれもと要望を足していくうちに見積もり段階で予算をオーバーしてしまうことが往々におきます。
また、諸経費も見積もりよりも増加する可能性があります。登記費用や、融資関係の費用、時間改良や上下水道等です。家を注文して建てるのはそれを仕事としていない限り一生に一度歩かないかぐらいの経験ですので、例外まで見込んで予算を立てるのは至難の業です。

また、図面では十分の広さだと感じていても実際に出来上がってみると思ったよりも狭いと感たり、日当たりがあまり良くないとか、車が止めにくいなど、実際に建った住宅が自分が想像していたイメージと異なる可能性もあります。そのために注文住宅では、手続きや打ち合わせを何度も行う必要があり、設計や見積もりの段階において建売住宅とは比べものにならないほど多くの時間を割かれます。
また内装にしても、分譲住宅の場合は実物を見ながら家具の配置などを考えることができますが、注文住宅ではそれができません。自分で住宅のデザインや間取りを決めるため、多少専門的な知識を勉強しなくてはなりません。